ホーム > 技術 > 放棄する前に

放棄する前に

特定調停という方法も任意整理と似ていて、各お金の貸し手に対し債務の返済を行っていくことを前もって決めた借金を整理していく形になります。

 

他の表現でいうなら裁判所が関係する負債の整理と考えればいいでしょう。

 

特定調停という方法も先の方法と同じように自己破産手続きと違ってある部分だけの借金だけを整理することが可能ですので他の連帯保証人が関連する借金以外について手続きをしたい場合や自動車ローン以外について整理する際などにおいても適用することが可能になりますし築き上げてきた財産を放棄する必要がありませんので、投資信託やマンションなどの資産を保有していて処分したくない場合などでも有力な選択肢になる借金整理の手続きです。

 

しかしながら、今後の返済額と実際として可能な収入額をかんがみておおむね完済が見通せるようである場合は特定調停の手続きを進めていくことは問題ありませんが、破産宣告とは異なって負債そのものが消えるのではありませんので、借金の量がかなりになるような場合は残念ながらこの手続きを実行するのは困難であると判断することになるでしょう。

 

いっぽう、この方法だと裁判所という機関が中に入るので弁護士事務所などにお願いしなくてもリスクが増えるようなことにはならないということや手続きのためのコストを減らせるというポイントはありますが債権者それぞれの取り立てに対し自ら回答しなくてはいけない点に加え所定の裁判所に足を運ぶことが必要になるなどの要素もあります。

 

任意整理による解決との比較になりますが調停が終わる段階で和解が成立しない際には利息を全部付けた計画で返済していかなければいけないということやあとから見ればお金の貸し手に対し払う合計額が任意整理による手続きよりも割が合わない傾向があるという覚えておきたい点もあります。

 


関連記事

  1. 放棄する前に

    特定調停という方法も任意整理と似ていて、各お金の貸し手に対し債務の返済を行ってい...

  2. テスト

    テスト記事です。...