ホーム > スポーツ > 再生の難しさ

再生の難しさ

民事再生による整理は住宅ローン等を含めた複数の債務に困っている方々を対象に住居を維持したまま金銭管理において再建するための法的な機関による債務の整理の方法として2000年11月に適用されるようになった選択肢です。

 

民事再生は、破産手続きとは違って免責不許可となる条件はないので、競馬などで債務がふくらんだのであっても手続きは可能ですし破産申請をすると業務が行えなくなってしまうような免許で生計を立てているような方でも手続きは可能になります。

 

自己破産制度ではマンションを対象外にするわけにはいきませんしその他の選択肢では、圧縮した元金を返していくことが要求されますので住宅ローンも返しながら完済するのは現実として難しいでしょう。

 

しかしながら、民事再生という手続きを選択できれば、住宅のローンを除いた負債は多くの負債を減ずることが可能なため余裕を持ちつつマンション等のローンを返済しながらそのほかのローンを払っていくようなことができるということになります。

 

民事再生という方法は任意整理による処理特定調停等とは異なり特定の借金だけを除き処理していくことは許されませんし、自己破産におけるように負債が消滅するのではありません。

 

それから、これ以外の債務整理と比較して処理が簡単には進まず期間もかかりますので、住宅のためのローンがありマンションを手放すわけにはいかないような場合等を除いて破産宣告のような他の方法がない際における最後に考える方法と考えるのがいいと思います。

 


関連記事

  1. 再生の難しさ

    民事再生による整理は住宅ローン等を含めた複数の債務に困っている方々を対象に住居を...

  2. テスト

    テスト記事です。...